鍼灸について

鍼灸は東洋医学の代表的治療法のひとつですが、まだまだ一般的に普及しているとはいえません。


「鍼は痛い?」「お灸は熱い?」と思い込んでいる人が多いですね。


ここでは、鍼灸治療がどんなことをするのか簡単に説明したいと思います。





まず、鍼灸治療は3年間専門の養成機関で勉強を積み、はり師きゅう師の 国家資格を取得 した人だけができる施術です。

 

治療方法は東洋医学を用いた経絡治療や筋肉にアプローチする西洋医学的治療などや、他にも様々な治療法があります。

 

人間には元来、自然治癒力が備わっており、鍼灸治療はその自然治癒力をアップさせる効果があります。


東洋医学的健康とは、陰と陽のバランスが整った状態のことで、陰と陽のバランスが崩れると病気になります。


鍼灸師は、鍼とお灸で氣.血.津液を整え身体のバランスを正常な状態に近付けます。


その効果は、肩こり腰痛といった筋肉や関節などの痛みだけでなく、かぜの諸症状や内臓疾患など身体の内部に対しても効果ありです。

 

WHO(世界保健機関)でも鍼灸の有効性を認めています。

 

日本鍼灸師会のHPより

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。

WHO(世界保健機関)鍼灸療法の有効性を認めた疾患はこちらをご覧ください

RESERVA予約システムから予約する